今日も元気でいましょうね^^

返事の中までKUONです。

不敬かな~

先月末から、5日間、岩手県へ行っていた天皇と美智子さん。

既に過去のことになりつつありますが。

両陛下、国体出席へ岩手入り…異例の4泊5日

2016年09月28日 21時31分

 天皇、皇后両陛下は28日、「第71回国民体育大会」開会式に出席するため、岩手県に入られた。(羽田発特別機)

 東日本大震災で被災した大槌、山田両町の復興状況も視察されるため、近年の地方訪問では異例の4泊5日の日程。「生前退位」の意向を示唆するお言葉を発表した陛下は、改めて皇后さまとともに国民との触れ合いを続ける姿勢を示された。

 正午過ぎ、花巻空港に降り立った陛下は、出迎えた知事に「台風(10号)の被害はどうですか」とその場で説明を求められた。

 車から沿道に手を振りながら、遠野、釜石両市を経て夕方、大槌町のホテルに到着。同ホテルの千代川茂社長(66)らが、津波の犠牲になった当時の社長らの遺影を手に出迎えると「頑張りましたね」と声をかけられた。





魚の放流はなさいました。

あと、津波で壊れてしまった旅館が復興されて・・・これは素晴らしいことですが・・・そこへお二人は宿泊、ハマギクの花を観賞、と他の記事に書かれていたことは、19年前にお泊りの際に、その「ハマギク」を、御所の庭に移植したイワクがあって、ということであると。

被害に遭ったところも、復興したところも、総てを回れるばかりでないのにね、と、いつも私は思います。

あの立場の方にしては、あまりにも偏ったことをされるな、と。

で、この「5日間」の岩手「行幸啓」。

初めの、予定された「放流」など以降の、夫婦のスケジュールは

「~など」

などと、予定表に出ています。

体操競技を見て拍手されたとかは、出ている。

この岩手行きが「公務」なら、予定、実動の部分は、ほぼ明らかにされている、はずです。

公人が、公務で動かれるのです、しかも両陛下は、乗り物内でお茶のお代わりをされるさえ、簡単にはできないお立場。

なぜか。お手洗いに行かれるであろう時間まで、事前に組まれているから。


その方々の、拍手していた以外にもたっぷりあったであろう、そこに、美智子さんの親友との再会があった、など、言われております。

共に・・・ですかしら、カトリックの信者さん、長く大親友であるとのお方。父上は彫刻家の舟越保武。去年、美智子さんは、舟越氏の娘さん、大親友の末盛千枝子さんの案内を受けて、彫刻展を鑑賞に行っています。

ダミアン神父の像は、マントをはおった等身大より大きなもの。

マント(笑)。

その末盛さんは岩手県在住なのだとか。

ご不自由にも、平民からあがられて、オカチへももう行けないわね、の馴染みの場所とも訣別され、大親友に会うのもままならない美智子さん・・・そんなお気の毒話はとっくに大嘘だとバレてしまっていますが。好みのご友人との交流は頻繁。皇室のご親戚との付き合いは、したくなくてしなかった中でも。

結婚直後から、実家のお母さまが、国産車でないなんとかいうアメ車で、しょっちゅう、訪れておられたとは、それも隠されていたことでした。実家へもよくお帰りだった、夫君と共に。

当時の皇太子さんは、ツマの実家でお風呂はいって帰られたそうでした。中華料理を召し上がって。

次代のまさこが、本来場違いの御所なんてところへヒデンカになって入った後、オワダ夫人が、公用の車止めへ昼間もはばかりなく車で乗りつけるとか、なんと無礼な厚かましいと、思っていましたのも無駄でした、先代さまが堂々となさっていたこと。

オワダ夫人が、どんなタイプの外交官夫人だったか、私はフツーの日本人ですから、想像するのもイヤですが。イヤ以上ですが。

・・・今もむかしも、東京の豪壮な御所にだって、どんな方だって、美智子さんが呼びたい人は呼び入れているでしょ。

岩手へ行くついでに、でもまた会いたくて、会われたのか。

それは、あり得る範囲の話かも知れません。

しかし、と、再び「しかし」と申します、あの方、かつて、

お澄まししたお顔で仰ったのでした、もっともらしいお顔で、鼻の下にゅうんと伸ばすみたいな癖で、

「相手方が大変でしょうjから、訪問はなるべく気を遣わせないように、その日のうちに帰りますとか」

いまとなれば笑います。

そんなんばっかりや、と、嗤います。

笑って済めばいいです、が、実際、


岩手県HPの平成28年度一般会計6月補正予算(第1号)概要

より

〔新〕・行幸啓等事務費47百万円【補正後現計額282百万円】 国体行幸啓等への対応に要する経費

〔新〕・道路維持修繕費191百万円【補正後現計額4,000百万円】 国体行幸啓等への対応に要する経費

〔新〕・警察活動運営費121百万円【補正後現計額894百万円】  国体行幸啓等への対応に要する経費

http://www.pref.iwate.jp/dbps_data/_material_/_files/000/000/039/538/280613kouhyou.pdf



何かのイベントに特別予算が組まれることは、あるのですよね。

一年前から、行幸啓本部などという組織を、仰々しく作って準備。

組織を作れば、わけのわからない余分のお金も出て行く。

行幸啓とされる、「公務」なれば、天皇夫婦の「内廷費」には関係の無い公務用のお金が支出されます。

あちら様にもお金を使わせ、皇室のお金も使われる。

大親友と、たとえばお茶される経費などは、小せぇことなので、無問題。


行ってあげれば喜ばれる方々、なのなら、仕方のないことなのでしょうね。

10月の21日からは、ナル殿下も岩手へ行くとか。

単品でか、あの、なんと言いましたか、体調の波を自力操作できる、このところ、権力と財力の象徴たるこーごーへーかになるつもりで、あちこちへ出没、秋の園遊会、今度も和服でない、今度は途中で逃げないで初めに挨拶してから逃がす、とか段取りがなされているとかの、どうでもいい女。まさこ、でしたか、名前は。

あれ。

あれもセットですのか、ドタ出かドタキャンか、来られてしまう側の方々も、準備がしにくくて、さぞや大変なことと、おくやみもうしあげ・・・

はっ。

何という不敬なことを申すKUON.

ご皇室のお方においでいただけるのは歓喜、欣喜雀躍、な、はず、の、おでまし、なのに。

失礼いたしました。

スポンサーサイト

おめでとうございます・・ですよね。



皇太子ご夫妻の長女愛子さま(12)は18日午前、学習院初等科(東京都新宿区)の卒業式に出席された。4月からは学習院女子中等科に進学する。
セーラー服姿の愛子さまは午前9時ごろ、ご夫妻とともに初等科の正門前に到着。報道陣から「おめでとうございます」と声を掛けられると、笑顔で会釈した。


記者からの「おめでとうございますには、皇太子殿下が「ありがとうございます」と答えた。

学習院中等科は勉強が出来ないと受からない、秀才の女子が行くところだった。
いまでも、偏差値は高い。
一年から土曜日もばっちり授業あるし、数学とか
ほぼ毎日あって「代数」だのなんだの・・・

クラスの6割以上が公立小からの入学生。150人くらい。
課外学習もたくさん。


という学校だそうです。


「雅子さま 成績優秀愛子さまに東大かハーバード進学願われる


来年3月に学習院初等科を卒業される愛子さまだが、学業は学年でもトップ10に入る成績で、保護者たちからも“将来は東大に進まれるのでは”という声が上がるほどだという。

雅子さまは、そんな愛子さまが中学生になられる来夏にもホームステイをさせたいと願われているという。皇太子さまも中学3年生のとき、オーストラリアを旅行され、メルボルンでは一般の家庭で11日間、ホームステイを経験されている。

皇太子さまに続かれるように、1980年に秋篠宮さまがニュージーランド、1984年に黒田清子さんが英国、2006年には真子さまがオーストラリア、そして今年8月、佳子さまはアメリカ・ボストンで33日間のホームステイを体験されている。

「今皇太子ご夫妻が検討されているのが、おふたりの馴染みの深い英国と(愛子さまの祖父母にあたる)小和田夫妻がいるオランダのようです。実現すれば、愛子さまにとってまたとない英語力アップのチャンスとなるでしょうね」(宮内庁関係者)

そして雅子さまは、愛子さまが高い英語力を身につけられることによって、ご自身の夢を愛子さまに叶えてほしいという思いがおありなのだという。

「雅子さまは、愛子さまがこのまま学習院大学に進むのではなく、東大へ進学させたいというお気持ちを持っていらっしゃるようです。もしくは、ご自身が卒業された米国・ハーバード大学へ進んでほしいという気持ちもお強いようですよ。

皇室典範によれば、愛子さまは15才になられたのち、ご本人が望まれれば、皇室会議を経て皇族の身分を離れることも可能ですし、いずれ愛子さまは民間に嫁がれるお立場です。生涯の職として外交官を選ばれ、活躍されることも可能です。雅子さまはご自分が皇室に嫁ぐことで断念せざるをえなかった“世界中を飛び回る”仕事を愛娘である愛子さまに実現してほしいと願われているのだと思います。そのためには英語力は必須ですから、今のうちから鍛えられているのでしょう」(前出・宮内庁関係者)


※女性セブン2013年12月5日号

雅子さんはお行儀悪いですね。

ここでもごしょごしょ喋っていました。

私の目には、やはり右手が愛子さんの背中に回って。

ツボ押し?で、お嬢ちゃんの口が、   あ   り  と、動いて。

会釈という言葉の解釈も、じんせいも、皇族も、いろいろ。

保護者の和服の「許可」問題は今はわかりませんが。

証書が壇上で渡されたとか。皆さま、よかったですね。

騒がれた値打ちありましたか。



今日はこれだけにさせて頂きます。

夜、お返事書かせてもらいます。

あ。忘れておりましたが、雅子妃殿下は、前夜、17日の夜の、ベトナムからの賓客をお迎えしての宮中晩さん会には欠席。出とらんです。

なんで? ホワイ? 元気そう。

「・・・はわかっている」

長野へスキーレジャーへ出かけた東宮一家に行きと帰り、東京駅で罵声が飛んだという。皇太子夫妻にはしっかりとその声が届いたらしい。

「税金泥棒!」と叫んだ男性は呼びとめられた警察官に真摯に事情聴取を受けていたとか。警察官も紳士的だったという。どこかの気の狂った変人が叫んだことではなく、余計事実を実感させられた気がする。

下記は皇室画像掲示板への書き込みから:

無題 Name 名無し 13/04/04(木)00:57 ID:ggvnriII No.693207
東京駅、昨年(8/17)に続き、今日(3/26)も東宮一家に罵声が飛びました。

11時過ぎ、日本橋口からすぐの改札で、60歳代と思える男性が単独で。

一家は、車を日本橋口横に寄せ、目の前の通用口から足早に構内へ。
追いかけた男性が、改札越しながら、一家に浴びせました。数秒間の出来事でした。

「税金泥棒! 仮病・さぼりの税金泥棒! 皇室から出て行け! 」と聞こえました。

今回は、警備会社のSPは見えず、ローピングもなし。

ただ、7名程度の警察官(私服)が改札をガードしており、男性は直後に事情聴取を受けていました。

…無題 Name 名無し 13/04/04(木)00:59 ID:ggvnriII No.693210
3/26の東京駅、60歳代と思われる男性は、真摯にかつ堂々と事情聴取を受けておられように見えましたよ。

また、警官(私服)の皆さんの態度は丁寧で紳士的な感じでした。

そして、男性の声は、間違いなく一家に聞こえているはずです。

…無題 Name 名無し 13/04/04(木)01:01 ID:ggvnriII No.693213
行きの東京駅で<退位コール>をしたつわものがいました。

聞こえないふりをしていましたが、皇太子さんには聞こえたようです。

お供をしていたものたちさえ、内心「よくぞ言ってくれた!」とほくそ笑んでいたそうです。

・・・以上、転載させていただきました。
罵声を浴びてまでスキーする一家。

…無題 Name 名無し 13/04/04(木)02:44 ID:0erL2Tqs No.693264
>「税金泥棒!仮病・さぼりの税金泥棒!皇室から出ていけ!」

熱烈 雅子皇室退場コール!

…無題 Name 名無し 13/04/04(木)10:16 ID:XDsg81ms No.693363
もう大合唱は止まらないね。
長年、国民に喧嘩を売ってきたツケは、しっかり払ってもらおう。

ナルは退位、雅子は離婚してでてけ。

レポ転載1 Name 名無し 13/04/04(木)09:56 ID:UFuK7dmg No.693355
スキー遊び往路東京駅での男性の罵声の内容を詳しく。
明らかに聞こえたとわかる雅子のリアクション。
スキー豪遊の浪費について。

行きの東京駅での事件の影響から滞在先の億志賀高原スキー場が緊迫した雰囲気に。
貸し切りでないのにも関わらず、スキー板を着用した護衛の警察官30人ほどが皇太子一家を取り囲みながらのゲレンデ滑走。

後ろから知らずにスピードを出して近づいて来るスキーヤーには前に回り込み壁を作り(まさにファランクスwwwww)スピードを落とさせる。

一般客「一般のスキーヤーに迷惑をかけるのはおかしい。ここまでするのか」

「どうして滑るコースを警察が邪魔するのか」
「スキーを楽しむ体力がおありならなぜ公務ができないのか」

超gj!な記事でした。皇太子は特に今回の東京駅での事件の重大性を鑑み、真剣に受け止めているらしい。

…レポ転載2 Name 名無し 13/04/04(木)09:57 ID:UFuK7dmg No.693356
東京駅の罵声レポとセブン記事比較。>

483 :可愛い奥様:2013/03/26(火) 17:04:44.95 ID:CPZOcqIA0>
東京駅、昨年(8/17)に続き、今日(3/26)も東宮一家に罵声が飛びました。
>11時過ぎ、日本橋口からすぐの改札で、60歳代と思える男性が単独で。
>一家は、車を日本橋口横に寄せ、目の前の通用口から足早に構内へ。
>追いかけた男性が、改札越しながら、一家に浴びせました。数秒間の出来事でした。
>「税金泥棒! 仮病・さぼりの税金泥棒! 皇室から出て行け! 」と聞こえました。

以下セブン
ご一家が改札を通り過ぎた、その時だった。雅子様を震撼させる事件が起きる。その場に居合わせた60代ぐらいの男性が、「税金泥用!仮病・さぼりの税金泥棒!皇室から出て行け!」と大声で罵声を浴びせかけたのだ。

突然の出来事に驚かれたのだろう、雅子サマは愛子サマの手をさっと掴まれ、ご自分の体の方に寄せられ、一瞬凍りついたご様子だったという。
・・・中略・・・
「駅構内に響き渡るような、かなり大きな声でしたから・・・・・・(略)・・・とても動揺されていたように感じました。」(居合わせた追っかけ主婦)

…レポ転載3 Name 名無し 13/04/04(木)09:58 ID:UFuK7dmg No.693357
奥志賀の異様な雰囲気。
私も少しレポ

一家が止まったホテルの周辺にはパトカーや警察車両が数多く止められてて、
警官が宿泊客やスキーヤーをくまなくチェック。スキー場を訪れた車のナンバー照会。

セブンちら読み。まだ皆さんがあげていない部分を。神田さんのコメント。

「もし今回オランダに行くことになれば、公式訪問なので記者会見が必須。

その場合、記者たちはマサコサマの病気について説明を求めるはず。
しかし、マサコサマにはそんなことはできないだろう。
だからオランダへは行かないのではないか(←宮内庁関係者?ウロ)」(大意)

…無題 Name 名無し 13/04/04(木)10:03 ID:DCWAcmEg No.693358
>「税金泥棒! 仮病・さぼりの税金泥棒! 皇室から出て行け! 」と聞こえました

どうぞこの方に国民栄誉賞を授与お願いします

レポ転載6 Name 名無し 13/04/04(木)11:25 ID:UFuK7dmg No.693420
セブン記事のど頭に、
「東京駅で『お帰りなさーい』と声かけした主婦は、
警官に取り囲まれ、住所指名を聞かれていた。こんなことは初めて」
と書いてあったけど、

これから先、皇太子夫妻に少しでも声かけたら、
(別に罵声じゃなくても)
警官に住所氏名聞かれるのかあ(以下、略)。

                       remmikkiさんのブログより。



<<<3月26日午前11時前、東京駅日本橋口やホームには、長野県奥志賀高原でのスキーに向かう皇太子ご一家のお見送りをするため、追っかけ主婦たちが集まっていた。しかし、その日は警備の数も少なく、規制のロープもなく、カメラを出しても注意されたりすることもない穏やかな雰囲気だったという。

 午前11時過ぎ、東京駅に到着された皇太子ご一家は、駆けつけた人々に手を振りながら、改札口へと向かった。ご一家が改札を通り過ぎた、そのときだった。雅子さまを震撼させる事件が起こる。その場に居合わせた60代ぐらいの男性が、

「税金泥棒! 仮病・さぼりの税金泥棒! 皇室から出て行け!」

 と大声で罵声を浴びせたのだ。突然の出来事に驚かれた雅子さまは、愛子さまの手をさっと掴まれ、ご自分の体のほうに寄せられ、一瞬凍りついたご様子だったという。声をあげた男性はすぐに近くにいた4、5人の警察官に取り押さえられ、周囲は騒然となった。

「駅構内に響きわたるような、かなり大きな声でしたから、あのあまりにもひどい言い方を雅子さまはお聞きになったわけで、そのお気持ちを考えると…。気を取り直されてホームに向かわれましたが、正直、とても動揺されていたように感じました。取り押さえられた男性はその場で結構長い時間事情聴取を受けていましたね」(居合わせた追っかけ主婦)

 その男性は、物を投げつけたりとか危害を加えたりといった違法行為はなかったとして、釈放されたという。>>>

※女性セブン2013年4月18日号


・・・同じことを見聞きしても、感想が異なるのは当然のことでしょう。

<<罵声を浴びせた六十代の男性は、呼びとめられた警察官に「真摯に事情聴取を受けていた」とか。警察官も紳士的だったという。どこかの気の狂った変人が叫んだことではなく、余計事実を実感させられた気がする。>>

という感じがその場の様子だと書く人も、相変わらずへんてこな敬語を用いて

<<「突然の出来事に驚かれた雅子さまは、愛子さまの手をさっと掴まれ、ご自分の体のほうに寄せられ、一瞬凍りついたご様子だったという。声をあげた男性はすぐに近くにいた4、5人の警察官に取り押さえられ、周囲は騒然となった。>>と書く週刊誌記者もいる。

驚かれたのは事実でしょう。お子さんのいる場で、というのも。後味がいい話ではないです。

言いたい気持ちは、よく判ります。・・・・・私、ぱしっと、水戸黄門みたいにいいもんと悪いもんを分けきれない、優柔不断な性格で。

あのご一家が言われてしまう理由は、残念ながら、ある、が80点ですか。90パーセント? もっと?。

スキーが悪い、のではないです。やり方もタイミングも、その他も、うなずけないことばかり、というだけです。東宮家は、ネットはされないのでしょうか。PCされる話も聞き及んでおりますが。・・・意地悪い自分になるのは控えましょう。

・・税金泥棒、と言われてしまったら、皇族方にはどうすることもおできにならない。

ただ、他の皇族方には、表だってあるようなことでは、無いです。

このようなことが増えて来るとイヤだなあ、という気持ちはあります。ぐちゃぐちゃにならないよう、大きなところでのご決断が、あって頂きたいなあ、とも、思います。



裏から訪問して下さっている、裏からのHN、知りたい子、さん。

この3月に出された「ご退位なされませ」の大雑把な内容は、以下のごとくです。


 宗教学者の山折哲雄氏が『新潮45』3月号に寄稿した『皇太子殿下、ご退位なさいませ』という論文が波紋を読んでいる。

 山折氏は、小泉純一郎元首相(71才)時代に設けられた「皇室典範に関する有識者会議」のヒアリングで、実際に意見を述べたこともある人物。その山折氏が皇太子さまにご退位をすすめ、さらに弟の秋篠宮さまに「譲位」してはどうかとも綴っているのだ。

 山折氏と同じく「皇室典範に関する有識者会議」でヒアリングを受けた高崎経済大学・八木秀次教授は、この意見に賛同する。

「山折氏が言われている“退位”とは皇族の身分を離れるというより、“秋篠宮さまに皇位継承権を譲られてはどうか”というものだと思います。これには私も賛成です。なぜなら皇太子さまは、ご自分の家族に精神的な重きを置かれているようで、本来、皇太子として果たされるべき役割ができていないように感じるからです」

 八木教授は、雅子さまが宮中祭祀に対して消極的だといわれていることも、賛同の理由として挙げている。宮中祭祀とは両陛下が最も重要なお務めと位置づける“国家や国民の安寧”をお祈りする儀式のこと。キャリアウーマンで合理主義的な考えが強いとされる雅子さまは、宮中祭祀の意義深さが理解できず苦しまれているという報道がかつて出たこともあった。

「皇族は特別な身分が与えられているわけで、そこから宮中祭祀のような特別な職務が発生するわけです。それが将来、皇后となられるかたが宮中祭祀に対して違和感を持たれているのでは、いかがなものかと思います。雅子さまが、個の部分を大切にされるのは構いませんが、公的な存在として、そういった職務を果たされないのであれば、皇室を去るしかないわけです。これは決して無理な注文だとは思わないのですが」(八木教授)

 そして皇位を譲るなら一刻も早いほうがよいと八木教授は続ける。

「両陛下はご高齢ですし、皇位継承こそが、おふたりを悩ませている問題でもあります。少しでも早く秋篠宮さまに譲られれば、陛下を間近でご覧になり、将来の天皇としての自覚を養うことができます。秋篠宮さまならば、陛下の精神的・肉体的サポートが充分におできになるのではないでしょうか。そして次の天皇となられる悠仁さまにも幼いころから、帝王学を学ばせることができますから大きなメリットとなります」

 では、その場合、皇太子さまはどうしたらいいのか。

「皇太子さまにも一宮家として皇室に留まっていただき、秋篠宮さまを支えていただくのが、いちばんいい形だと思います」(八木教授)


・・・・・私は、皇室の裏事情に今のように首を突っ込む直前に、これを知りました。

それ以前に、天皇陛下が、一年以上も会いに来られないお孫さんに「愛子に会いたい」と仰っておられたことや、何のことだか、聞いた時点では?????だった「秋篠はわかっている」とのお言葉に、なんか、なんかだなあ、と違和感を感じていた総てに、やさいさんとの四国デートで!!!の事実を知って、大きなジグソーパズルの、最後の一ピースがはまったかのごとく、納得がいったのでした。

天皇陛下は、何でもかんでも好き放題にものを言うことはお出来にならない。口から発せられる一言は、だから、重い。

「秋篠はわかっている」。

そう、おっしゃったそうです。わかっていない方もいる、という意味です。

私は、知りたい子さんの言われると同じ、個人攻撃が目的ではないつもりなんです、があがあ書いておりますが。

個人は、言ってみれば、どうでもなさったらいいわ、と、薄情に考えている。

プライバシーとか人格とか、そういうことでも、書きたい思いはいっぱいあります。

・・単に個人の問題でないので、があがあがあ、なります。皇室側からのみならず、全くそこにそぐわない人生を続ける・・続けながら、おかしさを増して行く人間の、不幸だって、わざわざ見たいとは思えません。

退位して下されば、とりあえず、ともかく一つのことはそれで、済む。そうとばかり思いは巡り、それは、考えているほど難しいことでないとも、ずっと、考えています。しようと決すれば不可能でないはず。。

退位後の宮様の去就を案じるなどは、畏れ多いことで。

弟君のサポーターになるなど、お考えの範囲でないと私は感じてしまうから、何もなさらなくても、別に、いいんじゃないかと。

音楽を楽しんだり、親子でお出掛けされたり、でいいんじゃないでしょうか。それだと、今とそんなに変わらないのか。

なんてことを、税理士さんとも少し話した、今日でした。税理士さんは、早くやめはったらいいのに、何のためらうことがありますか、と、きっぱり、言うてでした。そうよねえ、と、お茶を再びお注ぎしたわたくしでした。

山折氏のこの記事に、宮内庁からのクレーム等は無いそうです。

今、教えて下さいました。東宮ご夫妻はインターネット、趣味だそうです。

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (64)
ゆれ・ふら・とーく (132)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (61)
今の思い (237)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (5)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (89)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (14)
美しいこと (29)
厚かましい話 (56)
おそろしいこと。 (54)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (1)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (31)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (10)
みんなのうた (8)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・

五月雨の露もまだひぬ奥山の真木の葉がくれ鳴くほととぎす

さみだれの つゆもまだひぬ おくやまの まきのはがくれ なくほととぎす
   
金槐和歌集 源実朝


真木は「高野槇」ともいいます


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・

五月雨の露もまだひぬ奥山の真木の葉がくれ鳴くほととぎす

さみだれの つゆもまだひぬ おくやまの まきのはがくれ なくほととぎす
   
金槐和歌集 源実朝


真木は「高野槇」ともいいます


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん