Welcome to my blog

今日も元気でいましょうね^^

CATEGORY PAGE

category: 福島事故  1/8

今朝の思い。

No image

昨日の朝日新聞の会見。社長の会見ではありましたが、あれは、朝日という新聞自体の会見だったと思う。朝日に代表される、何か大きいモノの。小さいけど、今までは無かったコト。堪らない思いでした。なんというひどいことを。解っていたけど。だから尚悔しく。平常心でいられず、眠りもならず、久しぶりに軽い薬の世話になってようやく、眠りに墜ちました。3年半前、あの頃まで。何も考えないで日々を送っていた、超満開花畑だっ...

  •  9
  •  0

わたしの小さな世界

No image

何も忘れていません。せえのう、ハイッと「黙祷」できない自分がイヤでもある。「復興」という言葉に関して、口に出せない思いがあります。悲しい気持ちや「反対」とかいう行動や、いろんなことが、それは仕方がないのだろうけど、整理のようなことをされ、分類のようにされ、どんどんシステマティックになって行くのを、不器用で偏屈な自分は、やっぱり隅っこの偏屈席、みたいなところで、じまっと黙って見ているだけ、のようにも...

  •  0
  •  0

眠れませ~ん。

No image

小出裕章先生が語っておられるにつき、以下の文字起こしをお借りして来ました。2013年1月19日、8bitnewsインターネットラジオ【ペイフォワード環境情報教室】第13回目に小出裕章さんが出演されていましたので、このブログでも共有させていただきます。 以下、小出さん出演部分を文字起こししました。 ▼出演者 聞き手:ロッキー沢田 ゲスト・小出裕章(京都大学原子炉実験所助教) ▼文字起こしは以下。 第13回目の今日は、...

  •  0
  •  0

なんもかんも

No image

福島県田村市、楢葉町、飯舘村の3市町村の除染現場。そこで、ずさんと言うより人体にも自然にも未来にとっても危険極まりない「除染」方法がとられていたことが、今になって報じられています。汚水は回収しないでそのまま流し、集めたものはそこらへ捨てておく。川へもじゃんじゃん、水も物品も流していた。当然海へも流れ込む。かなりの期間、それを「除染」と称して来た世界がありました。全く意味が無いどころか、環境は劣悪に...

  •  1
  •  0

胸のほこりを。

No image

山中伸也教授の、文化勲章受章のコメントに。<式後の記者会見で山中さんは「科学者にとってはノーベル賞が一つの栄誉かもしれないが、日本国民の1人にとっては、今日のこの日が一番光栄な瞬間であり、感激は一生忘れることができない」と話した。>私の胸の中のホコリをまたもや払って下さり、ありがとうございます、と、思いました。おめでとうございます。下は、迷ったけど、実際に聞いた話です。ドラマかコントみたいな感じで...

  •  0
  •  0