KUONのブログへようこそ。

ブログタイトル変えました。中身は変わらずKUONです。

さようなら

むかし親しかったひとのお葬式に行って来ました。

幼い娘を二人育てながら、毎日のようにバスで六つ向こうの夫の実家に通っていたころ。姑はひんぱんに旅行に出かける人で、その留守の日が私のフリーの日でした。彼女は、私と同じ年頃の子を三人持つお母さんでした。

私の家でときどき、コーヒーを飲みました。近くに喫茶店もありましたが、私の三十代だった当時、昼間に喫茶店でお茶のみトークする主婦は珍しかったのです。当時は私の嗅覚も鋭敏だった、ちょっと贅沢する気分で、カリカリとミルを回して挽きたての豆で淹れてのコーヒーは、美味しかった。

二人とも母親ではあったのですが、多くの場合子どもや夫の話でなくて、婚家の愚痴やワルクチでもなくて、自分のことばかり喋っていました。会話と言うのでなく、互いに、同じ場所にはいつつ、自分の世界にどっぷりしていた感じ。性格のいい加減さのホドが、たまたま、合っていたというか。彼女は、彫金に夢中な人でした。

彼女の夫さんが若い女性に走り、彼女とお子たちが引っ越しをし、私も仕事に没頭して行って、距離は遠くなりました。

彼女の次男くんが「お母さん知りませんか」といきなり尋ねて来たり、長男さんが高校を止めてしまったと風の噂が流れて来たり、気にはなっていながら、自分のことで精いっぱいの私でした。

大男の髭面の白人と歩いていた彼女が、遠くから私を見つけて、ひらひらと手を振るのを、無視したこともありました。彼女の末っ子の娘さんも高校を止めたと聞いた直後のことで。

ぐうぜんどこかで出会うと、必ず「また電話するわ、番号変わっていないね?」と言いました。ふつうの笑顔でそう言いました。

電話がかかって来たことは無く、私もかけませんでした。最後に会った時・・・スーパーマーケットの雑誌コーナーで立ち読みしていた彼女が、

「また電話するね、聞かせたいことあるんだ」

と言った時、私は、

「かけてくれなくていいよ、聞きたいことも無いわ」

と、応じていました。彼女の前歯が一本半欠けていて、ほっそりときれいな人だったのですが、社会保険もかけていないし年金もかけていない、あんなもの、と笑っていた言葉が、不意に思い出されて、無性にその時の笑顔に嫌悪感を抱いた。そうだったと思います。

訃報は、彼女の元・夫さんからもたらされました。

元・夫さんが中心になっての小さなお葬式。

若い女性との再婚を解消して、今は、長男さんの家族と暮らしていると。長男さんの奥さんは、私にも愛想のいい笑顔を向けて来るひとでした。よかったなと何となく、思いました。次男さんは葬式に帰って来ず、もう奈良には帰らない、家族は無い、とのことです。純ブンガクを目指しているらしい。娘さんはぼちゃぽちゃの女の子をおんぶ紐でおぶっていて、シングルマザーだと自己紹介してくれました。

シングルマザーと言う呼称は、私には未だ馴染めないものだなどと、その場で口にするほど私は誠実でないです。

彼女は死にました、最後の別れに来てやってくれますか。と電話で突然誘われた時、考えました。

葬式に行って、その場で見るものを、批判したり否定したりバカにするためには、行かないでおこうと。行ってはいけないと。

長い間にちらちらとではあるがいろいろ聞かされた彼女のこと、子どもさんたちのこと、私の気持ちにそぐわないことが多かった、それは仕方がない。私は彼女のように自分第一には来なかったと思う、それは事実と思うけど。

もしかして自分は、私は、彼女より「マシ」に生きたのかも知れないとおもっているならその感覚は、きっと、傲慢。

・・・時々彼女とコーヒーを愉しんだ時間、私は、せいせいと勝手なことを喋ってたのしかった、気にしないで喋り散らしていた、それは本当のことだった。あの時期の私に、彼女は、たいせつな友だちだった。

そしてただ、私より早く旅立った彼女を、悼みたいと思った。胸痛く願った、やっぱりそれは悲しいことだろう、その思いだけで、行きました。

小さなお葬式でした。

元・夫さんは古びた美貌を(そのお顔が自慢のひとだったのです)ゆがめて立っておられました。東京の、いいとこのボンだとのことでしたが、今でもやはりボン、のようでした。いささか変わった思想のもと、来られた人のようです。

夫さんも子どもさんも配偶者も孫さんも、悲しんで泣いておられました。彼女との永別を、悲しむ人だけが、お葬式に集っていたのです。私は、泣くだろうと予想して行ったのでしたが、涙は出ませんでした。

元・夫さんがしがみついて来るのから身をかわし(私はこのオトコがきらいでした)、長男さんがハンカチも持たず泣いているので(奥さんはまったく意に介せず泣きながら双子の面倒を見ていて)新しいのを持って行ったハンカチを、結局二枚とも差し出しており、娘さんは、喫煙できるスペースに私を誘って、子どもをおんぶしたまま美味しそうに煙草を吸い、目から涙を流しながら

「おばちゃんとこで頂いた煮込みうどん、いつも美味しかった、お好み焼きも美味しかった、おにぎりも美味しかった、お世話になりましたね、子どもの頃は」

と言ってくれた。私は自分の子どもに食べさせるので作ったものを彼女の子どもたちにも出していた記憶しか無く、

「あなたのお母さんのリンゴのパイは美味しかったよ、どしっと重くて美味しかったわ」

思い出のリンゴとクルミのパイの話をしました。本当に極上の味だった、私はパイやケーキを、よう焼かん主婦でした。道具を買って何度か作っても続かなかった。

彼女の娘は、

自分は、毎日、子どもに食べものを作る親になろうと思って結婚したのだけどね。

と、何とも言えない悲しい目を、むき出しに見せました。

「年に一度や二度ご自慢のパイもいいけど。毎日ちゃんとごはんを、って、ずっと思ってて。そうなりたかったけど、結婚さえ続けられなかった、親と同じになっちゃった、お母さんのこと嫌いだったのに、いっしょ、あの人と一緒なんだって」

ぼろぼろと涙を流し続けるのを、どうしてあげることもできませんでした。

よくわかる。目の前で泣いている女の子(わたしにはそう見えました)の気持ちが、とてもよくわかりました、でも、何も、どうもしてあげられないのでした。


お葬式の帰り、奈良に来たら必ず寄る古本の店に寄りました。

空腹だったし、坐ってゆっくり冷たい飲み物を飲みたかった、でも、古本屋に入ってしまいました。

何か選びたいという気分も無いまま、本の背中を眺めていました。のろのろと、読むかどうかわからない数冊を、適当に取り出して、レジに持って行って。

気付きました。この店には、過去ずっと、来るたびにビートルズがかかっていた。いつもビートルズでした。

その日は・・昨日は、そうでなくて。オルゴールの曲が流れていました。先客がお金を払って何か喋りこんでいて・・あ、と気が付きました。

オルゴールの、この曲、知ってる、よく知っている、ミスチルだ。

ミスター・チルドレン。「抱きしめたい」だ。

あのボーカリストの、あの独特の声が脳裏に浮かんで来ました。

あの歌、好きだった。ミスチルの「抱きしめたい」。

彼女とは関係ない、もう遠くなっていた時期に聞いていただけ、今日、お骨になった・・いまなっているのかな、あの彼女とは関係のない歌、だけど。

どうしよう、こらえていたのでもないのに、涙が、激しく溢れ出して。

どうしてだろう、涙が止まらなくなってしまった。

さようなら、あすこさん。さようならだったんだね。





スポンサーサイト

秋風


         秋風あるいてもあるいても

                            種田山頭火





九月、長月、みんなのうた

今月もおうたをお寄せいただき、ありがとうございました。

皆勤の方マイペースの方、初めてです、と、おそるおそるです、と、やってみました、と。参加してくださった方々。

ブログを続けていてよかった、言葉を信じていてよかった、と、胸の熱くなる思いをさせていただきました。今月も。

ありがとう、そして、次回もまた。

img_573c36e1418d7.png

         あまりにも かけはなれたる話なり 吾が日の本も ひかりおちけり     梨本伊都子

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   KUONの詠める

・いとけなき仔猫が母に付いてゆくススキの青く揺るる野原を


   かげろう の詠める

・・演奏会にて

・・演奏会からかえって、心に残ることを



 響きやみ指揮棒おりず 音のなき調べになりて 拍手おきたり 


   こぶ の詠める

・・初挑戦

・・私も挑戦したくなり、勇気を出して投稿致します。

・・身近にいる姪っ子と娘について



ママにパパ にーに大好き この家の
子で良かったと二年生の日記

真似てない 偶然なのと言い張りて
女優と同じ髪の15歳


   イッサの詠める

・・ああああ・・と叫んでみる!!

★あら時計三時じゃないわ録画かい国民だまし嗤うのだれだ

★高麗神社恩赦に裁可下手ピアノ生前退位愚帝極まる

★宮中の神の社は穢れたり浄めの光静かに待たん

★だがしかしメールはしますあきらめぬ叫ぶあああ届くか神へ


   おてもやん の詠める

・・九月のうた


〇三十路だと笑う娘の膝に来てケーキ頬張る孫に目配せ

〇台風の進路予想の通りなら孫と旅する飛行機は飛ぶ


   パールの詠める

・・参加させて頂きます。


☆ならぬのはならぬのです と言う方が
  おられなかったか 眞子様の恋

☆婚約の内定の画面見せられて
  国民の胸にJアラート鳴る

☆高き空穏やかな海眺めつつ
  暑き日に逝きし友をぞ想う

        ~Īさんずっと忘れません。またね。~


   黒猫アビの詠める

・国民に寄り添うという皇室が
 我欲と利権 醜い姿

・民の声聞く耳もたず雑音と
 それなら民の税で暮らすな

・ナルマサの訪ねし地域その後は
 穢れをぬぐう大雨ばかり

・盆休み久しぶりに息子きて
 会社の愚痴語りし帰る

・気持ちだけ若さ保ちて現実は
 身体の痛み耐える日々

・・昨日の朝は関東地方で地震、今朝は北のミサイル・・・。

・・不安だらけの日本だけど、頑張れ日本! 


   KUONの詠める


・ウェイターの靴音いとも静かにて海をみわたす窓にくつろぐ

・チーズまだプツプツ噴けるこの店の海鮮ドリアの焦げかたが好き

・チョコパフェを幼なのさまに食べゐしと気づき澄まして口元を拭く

・パフェ食べしのちの唇冷えていて紅筆すこし押しつけて引く


・十月は伊根の舟屋を訪はむかなリュックを担ひ杖を恃みて

・憧れの入江を臨む茶房にて吞む珈琲の味や如何にや

・かの夏のかの海辺にて零したる言葉のかけら ふたあり分の


   たまき の詠める

懐かしい
着信音を
聞いてみる
この音が鳴る
胸弾む日々


   へなちょこ一年生の詠める

・・身の丈に合った生活が楽ちんです


・虫捕って食べる子猫の歳聞くと5年も永く住んでいるノラ

・反日屋何をどうして欲しいやら滅びぬ国のその庇護の許

・金コロが無賃乗車で雲の上 腹話術みたくあやつられ

・皇后がピアノにテニス華やかに 空ろテレビの老人ホーム

・鶏が鳴くまでに 3度知らないと言うだろうとイエスは言われた(らしい)

・婚約を許していない親族は祝いの言葉に返答できず(もし自分ならそうかも)

・皇后が退位も裁可も不安なら 止めることなど簡単なこと


   ラピスラズリ の詠める

・・あかあかと 日はつれなくも 秋の風 (松尾芭蕉)


・・最近の皇室はやることなすこと民意から離れ膿と腐臭さえ漂う穢れた存在に成り果てました。
・・もはや庶民より以下の存在です。

・・怒りを籠めて


真実の 口に落ちたる 手首まだ
ピアノとテニス 求めて動く             
          (ローマにあるという真実の口からの幻想)

平成の皇室なにがまことやら
嘘やら知らね秋の風吹く *


   こぶ の詠める

・・もう一つ

日の本の姫の行く末憂う身を
あざ笑うかのlet it be


   阿呆鳥・うな の詠める

・・いまだみじゅく

秋深し
隣はナマポ
芋蒸かし
おいらもすこし
葱を焼くかも


   アルジェリマンの詠める

・・言葉捜して雨の日散歩

・・数日前からこの日を意識し、言葉を探すのでした



機嫌よくヒヅメ見せ来る犬に手を出してかまれる、「これボクのだよ!」

本気なら骨をも砕く犬の牙 マジじゃないからアザになるだけ

羽音なく騒ぎ飛び交う黒い影 夕焼け空にコウモリ五つ六つ

立ち止まり夕焼け見上げる犬散歩 見てようちの子こんなにいい子

いと可愛い黄色のカッパの黒い犬 赤い紐引き雨の日散歩

甘えるを押さえて育ち今初老 甘える犬に愛教えられ


・・というわけでこの子は私に必要なので、師匠なので、、

・・私はこの子を守るのだ~~、と。



   古希 の詠める

・・KUONさん こんばんは

・・人生・・初体験です



 ・舶来の掃除機の音高くしてテレビ見て知るJアラート

 ・憂いなき心となりて笑む母は過去も未来も無い道歩む


   たまき の詠める

秋の日に
言葉のあぶく
すくい取る
その手に見える
老人斑よ


   ラピスラズリの詠める

・・懐かしき日々


吹く風や 昭和も遠く なりにけり 誰もが元気だった あの頃

降る雪と共に遠くなったのは明治でしたが。。。


   さやか の詠める


伏せたまま
主の来ない白粉引
取り出し熱い珈琲満たす

サンダルが波打ち際で揺れている
夏の思い出忘れないでと

御簾の外 垣間見えるは僅かにて
御身掛けるな 海蛇の姫


   わすれんぼ の詠める


眞子さんの満足そうな婚約の
会見の顔言いようもなく

“恋貫いて結ばれる”夢想の中の人
マコシにつける薬もなくて


八年もの膨大な記事消えネット世界の
存在の脆弱今思い知る

世の中に警鐘鳴らす数々の
ブログ消えゆく平成の暗闇

民の力あまりに弱きこの国の
未来があるか確信持てず


グローバリズムこの恐ろしき破壊思想の
正体知らぬ人がまだいて

種子法を廃してモンサントの支配下へ
売国宰相の国売り続く

宰相が見え透きすぎた嘘ばかり
モラル崩れてかの国のごとし

総理による国の私物化激しくて
祖国はもはや特亜と同類


   ワ・タ・シ熟女N の詠める

・・風の強さのヒュー、シューは
・・まだまだいける
・・もうそろそろヤバイ? と
・・挺身隊慰安婦 はなの
・・一喜一憂する今日この頃の心の波のようです。。。 



パパリンを
老いたツバメと
言う友に
そうだと思い
ちがうと思い


呆(ほうけ)けゆく
老燕見てし
毎日を
我も呆けて
笑って生きむ


燕(つばくろ)は
チュリチュリ ジュリリ
かしましく
楽し道連れ
心の伴侶


   KUONの詠める


・台風の来るとや不穏なる空をきらめきて夜の飛行機は行く

・いちにちじゅう吼えてゐる犬隣り家に初孫さんのお生まれになり

・淋しくて鳴くや隣り家の犬よすべ持たずわれは聞いているのみ


   かりそめ の詠める

・・おそるおそる参加させていただきます。

・・チベット(西蔵)・ラサ(拉薩)市



・表向き美容院にて春ひさぐ拉薩市の空はあくまで青し

・西蔵の五体投地の人々を観光客として我は見し


   へなちょこ一年生の詠める

・・大雨が降る前にノラにもごはんを


・台風で夕餉のしたく早々と ノラも戸惑い早飯を喰う
                
                    (なゃんでやねんと言いながら)


   ぼうさん の詠める

・・川嶋氏の宮家への介入


焼肉屋 詐欺建築士 あんまさん 皆、川嶋のご親戚なり




九月、長月、みんなのうた、お寄せください。

1483777667088.jpg


秋の夜、ひととき、言葉遊びをたのしみませんか。

五七五七五のリズムは、馴染むとここちよいリズムです。

背伸びしないで(ときには背伸びもたのしい)自分の思いを、自分の言葉に乗せてみましょう。・・・なんかスズメのガッコのセンセーみたいになってしまいました(笑)。

今回は今から17日、月曜日の夜まで。幾首でも何度でも。コメント欄にどうぞ。裏からは、無しで。

短歌のみとさせていただきます。

お節介かも知れませんが、どーしてもまとまりきれない、なんて時には、少しだけアドバイスさせていただきます。その旨お書き添えいただけば。

もちろん、アドバイス不要。のお方は、そのまま、お寄せくださいね。基本的にはそのまま頂きますよ。

・・生きの身はさまざまあって、切ないこともたくさん。でも心は自分のもの、自由です。

秋の空のように、高く深く、どこまでも、自由でいられます。






知りながら

靖国神社にお詣りされて、ときどき「拝殿・社頭掲示」を送って下さる方がおられます。

この夏も、体調のあまりよろしくない中、ほぼ毎月お参拝できたと喜びの声を下さいました。

平成二十九年九月のものを頂きましたので、ご紹介させてもらいます。


明治天皇御製

         月

秋の夜の月にむかひていのるかな

國の光のまさりゆく世を

                      明治三十八年


続いて

  涙かくした母に応へむ

    陸軍技手   安藤武夫命

           昭和二十年七月七日
           フィリピンルソン島カバヤン地区にて戦病死
           愛知県北設楽郡稲武町出身 四十歳


   無理なのが昔から戦である。

   我が子はこの無理を

   天皇陛下の為に勇ましく引き受けて征く。

   母をして日本の母にしたと思って往く。

   強く生きて下さい。

   母上の安座は俺が作って置く。

           先立つ不孝者   安藤武夫

      征く日に書く

子は征きて還らぬものと知りながら

涙かくした母に応へむ

  母上様


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

無理なのが昔から戦である。そう、はっきりと書きながら、その無理を天皇の為に引き受けて征く、と。

母を日本の母にしたと思って征く、と。おもんぱかりの心だけがあります。

こざかしい「自分」の姿など、ここにはありません。






 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん